岡山の不動産売却・不動産買取のことならウェーブハウス不動産売却王岡山にお任せください。

ウェーブハウス 不動産売却王 全国版
お問い合わせ

3つの媒介契約 ~媒介契約の種類~

仲介の契約形態には3つあります。

契約形態によって制約が発生するため、仲介会社のやる気にも影響します。
仲介会社の頑張り次第で、予想以上に早く・高く売却できる場合もあります。
契約形態を決定する際には、再度仲介会社選びのポイントを確認しましょう。


契約形態 複数社
への依頼
自分で
探す
レインズ
への登録
契約した仲介会社
一般媒介契約 任意

報告義務がないため物件を指定流通機構に登録して、業務処理状況を報告する義務がありません。

・複数社に依頼しているのであまり積極的に活動してくれない可能性がある。

・公開間口が広くなるので、良い結果につながる場合もある。

複数の仲介会社に依頼できます。
自分で購入者を探すことも可能です。
依頼した会社を明らかにする明示型と明らかにしない非明示型を選択することができます。
専任媒介契約 × 任意

仲介会社は、7日以内に指定流通機構へ登録するとともに、2週間に1回以上の頻度で、業務処理状況を「文書にて」依頼主へ報告をする義務があります。

・自社に任せられているので、一般媒介契約と比較すると広告活動も積極的に活動してくれる。仲介会社のやる気がアップして売却につながる可能性もアップ。

・1社限定なので、依頼した会社や担当者によって結果を左右される。

1社の仲介会社にしか依頼できません。自分で購入者を探すことも可能です。
専属専任
媒介契約
× × 任意

仲介会社は、5日以内に「指定流通機構」へ登録するとともに、1週間1回以上の頻度で、業務処理状況を「文書にて」依頼主へ報告をする義務があります。

・自社に任せられているので、他契約と比べてかなり積極的に活動してくれる。
ただし、完全に任せることになるので契約時に仲介会社の見極めが重要になります。

1社の仲介会社にしか依頼できません。自分で購入者を探すこともできません。

※レインズ…不動産屋さん専用の物件データベース  (国土交通省の定める指定流通機構のオンラインで、登録後、加盟の不動産会社に情報公開される)

※「指定流通機構」とは不動産物件情報交換のために不動産業者が加入しているコンピュータ・ネットワーク・システム(REINS)のことです。


案内嬢写真
お問い合わせフォーム
SNS
Facebook
RSS