早く売りたい -不動産買取-

  • HOME
  • 早く売りたい -不動産買取-

早く売りたい -不動産買取-

岡山市の不動産会社「ウェーブハウス」は、地域密着の不動産業者として創業30年。地域のネットワークを生かした精度の高い査定と丁寧なヒアリングで、多くのお客様からご愛顧いただいております。

こちらでは、不動産のプロである「不動産売却王」が「物件を出来るだけ早く売りたい!」とご希望の方におすすめの「不動産買取」について解説させていただきます。仲介売却との違いや、それぞれのメリット・デメリットをわかりやすくご説明いたします。

こんなお悩みやご相談ございませんか?

  • 不動産をすぐにでも現金化したい
  • 転勤のため住居をいますぐ売却したい
  • 近隣住民に知られず売却したい
  • 内覧対応や手続きの手間をかけたくない
  • 固定資産税や相続税が払えないので、相続物件をすぐに売却したい
  • いまある家を売却して、住み替え資金の足しにしたい
  • 仲介売却で購入希望者が見つからなかった
  • 物件の一部をすぐに売却したい

不動産の買取とは? -仲介と買取の違い-

不動産の買取とは? -仲介と買取の違い-

不動産の売却方法には、「仲介売却」と「不動産買取」の2種類があります。

仲介売却とは、不動産会社が広告を出して購入希望社を探し出し、売主と買主の売買契約を取りまとめる売却方法です。不動産会社と媒介契約を結べば、広告・宣伝活動や交渉などをすべてまかせることが出来ます。

一方、不動産買取とは、不動産会社が直接買い手となる売却方法です。広告・宣伝活動などが必要ないため、お客様にご納得いただければすぐにでも契約を進めることが出来ます。不動産をスムーズに現金化出来るため、物件をなるべく早く売却したい方におすすめです。

不動産買取のメリット

仲介手数料が必要ない

仲介手数料が必要ない

不動産買取では、不動産会社に対する仲介手数料がかかりません。

一般的な仲介売却では、売買契約が成立すると、不動産会社への報酬として仲介手数料を仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は取引価格によって変動し、400万以上の売買なら「取引価格×3%+6万円+消費税」で算出出来ます。

たとえば2,000万円で物件が売れた場合、以下のような計算になります。

2,000万円×3%×6万円+消費税
手数料は72万6千円

一方、不動産買取では不動産会社が仕入れた物件を「商品」として転売するため、仲介手数料を一切支払わずに済みます。

不動産をスピーディーに現金化出来る

不動産をスピーディーに現金化出来る

不動産買取は広告・宣伝活動が必要ないため、お客様にご納得いただければすぐにでも現金化することが出来ます。「不動産をすぐにでも手放したい」「なるべく早く現金化したい」という方は、ぜひ不動産買取をご検討ください。

契約不適合責任を負わなくて良い

契約不適合責任を負わなくて良い

契約不適合適任とは、雨漏りやシロアリ被害など、見た目ではわからない欠陥が発見された際、売主が債務不履行の責任を負うというものです。

仲介売却ではこの契約不適合責任が適用されるため、売却後であっても、売主が補修の対応をする必要があります。最悪の場合は、契約そのものを解除されてしまうケースもあるでしょう。

一方、不動産買取なら、この契約不適合責任が免除されます。

近隣住民に知られずに売却出来る

近隣住民に知られずに売却出来る

仲介売却では折込チラシなどの販売活動を行うのが一般的ですが、そうすると近隣住民に「あの家は売却するらしい」と知れ渡ることになります。不動産会社に頼んで宣伝方法を工夫してもらっても、結果的に内覧対応などで売却の事実を知られてしまうでしょう。

一方、不動産買取はこうした宣伝・販売活動が必要ないため、「人知れずこっそり売却したい」という方にもおすすめです。

仲介と買取、どちらが良いのか?

PICK UP!
-仲介と買取、どちらが良いのか?-

仲介売却と不動産買取には、それぞれメリット・デメリットがあります。自分が優先したいポイントを抑え、ベストな売却方法を選択しましょう。

たとえば、以下のような場合には不動産買取がおすすめです。

  • 不動産をすぐに現金化したい
  • 転勤など、決まった期日までに売却したい
  • 仲介手数料などの費用を抑えたい
  • 近隣住民に噂されるのは避けたい
  • 築年数が古いなど、買い手がつかない物件を売却したい

不動産買取の最大のメリットは、お手持ちの不動産をスピーディーに現金化出来る点です。また、いわゆる「ワケあり物件」など、仲介売却で買い手がつかなそうな不動産も、不動産買取なら契約成立出来る可能性があります。

一方、以下のような場合には仲介売却がおすすめです。

  • 出来るだけ高く売りたい
  • 売却時期は急がない
  • 築浅、好立地など、条件の良い不動産を売却する

「多少時間をかけてでも、出来るだけ高く売りたい」という方には仲介売却が向いています。また、築浅物件や立地の良い不動産を売る場合は、仲介売却のほうが高値がつきやすくなります。