岡山の不動産売却・不動産買取のことならウェーブハウス不動産売却王岡山にお任せください。

お問い合わせ

仲介の流れ

STEP 3 仲介会社を選びましょう


不動産売却を成功させるには、あなたにベストな不動産会社を選ぶことです。
あなたは、どのような基準で不動産会社を選びますか?

会社の規模? 物件の売り出し方法? 査定金額?

あなたが上記に挙げたどの基準で選んでも問題ではありません。
それぞれメリット、デメリットがあるからです。それらを理解してあなたに合ったベストな不動産会社を選びましょう。

仲介会社選びのポイント

POINT 1
会社について(考え方)
お客様に必要な情報を十分に公開しているか?
POINT 1
会社について(信頼)
売買をメインに取り扱っている不動産会社を選ぶ
(マンション、土地、一戸建てなど不動産会社は得意分野がある)
※不動産会社の分類についての詳細はこちら
得意としているエリアがあるか?取引実績やデータベースがあるか?
地域に密着したネットワークや人脈があり、地域特有の問題や情報に詳しいか?
POINT 1
販売する力について(早期売却・能力)
地域に密着した広告活動を行なっているか?
ホームページや有力ポータルサイトに掲載しており広告戦略がしっかりしているか?
ホームページがわかりやすく更新頻度が多いか?
POINT 1
会社や担当者の姿勢について(誠意・熱意)
会社の大小の規模でなく熱心に取り組んでくれるか?
気軽に相談でき、親身になって対応してくれるか?
担当者のスキルが高く、熱意や誠実さが感じられるか?
メールや電話での対応は良いか?

まとめ

1.信頼できる会社を見極める。
2.スムーズに売却を成功させることができる会社を選ぶ。

STEP 4 いくらで売却できるか査定依頼をしましょう


まずは今お住まいの物件がどれくらいで売却できるのかを調べましょう。

金額イメージ いくらぐらいで売れるのかな?

  • お住まいの近くで実際に売り出されている物件を確かめる。
  • 買いたいと思っている人はいるか?
    ⇒お住まいの近くで実際に購入を希望する人がいるか確かめる。

ワンポイント …査定価格は買取り価格ではなく、あくまでも「このくらいの価格で売れるだろう」という仲介会社の予想金額です。販売活動を行なっていく中で価格が下がっていく可能性もあります。
逆に、低く見積もっている仲介会社は、より現実的な価格を提示している場合もあります。
誠意のある会社を選びましょう。

まとめ

1.査定は依頼する会社を2~3社選びましょう。
2.金額だけで判断せずに誠意ある会社を選びましょう。



STEP 5 査定結果を参考に売却価格を決めましょう


■査定結果が届いたら、ご自分のペースで検討しましょう。


売却価格イメージ

不動産売却をする際は仲介手数料などの諸費用、税金、司法書士への支払いなどが必要です。 売却した後の手取り額も計算しましょう。


※特に税金の事は複雑ですのでわからない時は、ご相談ください。

まとめ

1.わからないことは何でもどんどん質問しましょう。
2.媒介契約を結ぶ前には、自分の希望を明確に仲介会社に伝えましょう。
 (できれば、やり取りを書面に残しましょう)

STEP 6 正式に媒介契約を結びます


まずは今お住まいの物件がどれくらいで売却できるのかを調べましょう。

査定報告書

■査定結果が届いたら、
 ご自分のペースで
 検討しましょう。

不動産仲介会社に、正式に不動産の売却を依頼する契約です。
「媒介契約」を締結して正式に売却のご依頼を承ったことになります。
※担当スタッフが売却・売却後の各種手続きまでサポートします。

媒介契約者の内容をしっかりと理解した上で契約しましょう。
※更に詳しく3つの契約の詳細について知りたい方はこちら グッドマーク

媒介契約イメージ

まとめ

1.媒介契約の種類を理解して、自分にあった売却方法を選びましょう。
2.媒介契約書の内容を理解して契約しましょう。

STEP 7 販売活動をスタートさせます


<
不動産媒介契約が締結されたらいよいよ広告活動を始めます。
仲介会社は、店舗やホームページ、折込みチラシなど様々な媒体と加盟店ネットワークなどを活用して、あなたにピッタリの購入希望者を探します!!

まとめ

1.もし、会社選びに失敗した場合、ここではじめて失敗したことがわかります…
2.不動産の売買では、不動産及び担当者レベルで売れるか、売れないか、または条件が良くも悪くもなる可能性があります。
担当者とは密に連絡を取り合い、また、連絡が直ぐに取れるような準備をしておきましょう。

STEP 8 不動産売買の契約手続きをします


購入者が決定したら、
・購入希望者との間で、売買契約を締結します。
・契約を交わした後は簡単には解除はできません。
 事前確認はしっかりと行いましょう。

購入希望者から手付金(売買価格の1割~2割程度)を受け取ります。
買主が売主に支払う「手付金」(買い付け金)等の説明は仲介会社に確認しましょう。
因みに「手付金」には(1)証約手付(2)解約手付(3)違約手付などがあります。

(契約に必要なもの)

1.権利証
2.実印
3.印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
4.契約印紙代
5.仲介手数料の半金(別途消費税及び地方消費税が必要です)
6.設備表
※その他、詳しくは仲介会社に確認しましょう。

まとめ

1.契約を交わしたら簡単には解除できないので、事前確認はしっかりと行いましょう。
2.契約に必要なものを準備しましょう。

STEP 9 購入者へ物件の引渡しをします


引渡しイメージ

購入者へ物件の引渡しを行います。
売主として契約要綱に定めた内容を確認して
引渡しを迎えましょう。


まとめ

1.契約要綱に定めた内容を確認して引渡しの準備をしましょう。
2.ローンが残っている場合や、譲渡所得税の対策や各種手続きは複雑です。
わからない事は仲介会社に何でも相談しましょう。

案内嬢写真
お問い合わせフォーム
SNS
Facebook
RSS